大草原の小さな家を見て大家族に憧れているブログ


ピョンチャンオリンピックが近づくにつれ思うこと

投稿者: osdidf, カテゴリー: プライベート

もう少しでピョンチャンオリンピックが始まる。
最近は、アイスホッケーで北朝鮮が選手を派遣して韓国との合同チームを結成するとかしないとか、オリンピック前に北朝鮮の楽団を呼ぶとか呼ばないとか、政治的なことで話題になっているが、もう少し選手たちに目を向けて欲しいと思う。
スポーツの祭典であるオリンピックを、政治の外交手段の一つとして利用するのは、実際に試合に臨む選手たちに失礼だ。
北朝鮮の思い通りにならなければ、また北朝鮮がミサイルを飛ばすようなことをしそうで怖い。
そして、最悪の場合オリンピックの開催自体が中止になるような事態には、ならないでほしいと思う。
選手たちは4年に一度のオリンピックに向けて、毎日努力している。
そして、スポーツ選手なら誰しもオリンピックの舞台で最高のパフォーマンスを発揮して金メダルを獲得したいと思って頑張っているはずだ。
そのために常人には分からない努力と葛藤を抱えながら大舞台にピークを持ってこようと目指している。
それを政治的な思惑で無に帰すようなことだけはしてはいけないと思う。
無事にオリンピックが開催されることを願う。
韓国は学歴社会と言われていますが、韓国にも奨学金制度とかあるんですかね。
奨学金を延滞するとどうなる?

ピョンチャンオリンピックが近づくにつれ思うこと はコメントを受け付けていません。

  

フリースペース

バナーやブログパーツなどを貼って、ご自由にお使いください。